呼びかけ人 

富坂美織産婦人科医

2年前、ペットショップで売れ残り、処分される予定だった犬を引き取りました。

引き取った帰り道、声を出すことも、歩くこともしない子で、元気がなかったのでそのまま獣医さんに連れていくと、寄生虫やノミが見つかり、治療が必要でした。獣医さんから「いままで大変な環境にいたみたいだけど、これからはこの子はあなたの家の子ですから、新しいスタートを切らせてあげましょう」と言われたのが忘れられません。

いまでは元気に駆け回るようになり、言葉も半分くらい理解している印象で、人とコミュニケーションをとる姿は人間の子供にも似ています。

しかしこんな犬猫たちが日本ではまだ多く殺処分されています。

数年前、海外にいたときに、捨て犬たちが保護センターでのびのびと走り回っていたのを覚えています。 日本の犬猫たちにも、人生のセカンドチャンスをあげられるように、尊い命がすぐに消されてしまうことがないように、TOKYO ZEROをみなさんと一緒に実現したいと願っています。

もっと知ろう

物言えぬ犬や猫のために、私たちは声をあげます。
東京五輪が開催される2020年までに、
不幸な犬や猫を「ゼロ」にし、
まずは東京を世界にほこれる「動物福祉先進都市」とするために。

具体的な解決策は3つです。( 詳しく読む

  • ①  ペット産業適正化のために「8週齢規制」を早期実施
  • ②  捨てられた犬や猫の福祉向上のための「ティアハイム」の設立
  • ③ 「保護犬」「保護猫」との出会いを広める

皆さんも、私たちとともに、声をあげてください。
すべての犬や猫が、幸せになれる都市・東京の実現を目指して。

みんなで声をあげよう

95,575
が賛同しています

ネット署名はChange.orgを活用しています。ボタンをクリックすると当サイトを離れ、Change.orgに誘導します。

サポーター募集

あなたの助けが必要です
今すぐネット寄付
被災地熊本での活動支援