呼びかけ人 

松原賢一般社団法人Do One Good理事

『犬猫の殺処分』を犬や猫の問題だと考えるのは間違いです。
全ては私たち人間の選択が引き起こしたことなのです。
ですからこの活動は、犬が好きとか、嫌いとか、飼っている、いないも関係ありません。

 私たちが「命」をどう扱うのかが問われているのです。

そこで皆さんに提案があります。

犬や猫と暮らしたいと思ったら、まずは保護犬、保護猫の「譲渡会(里親会)」に足を運んで、自分に合う犬や猫を探してみてください。ペットショップやブリーダーと並ぶ選択肢として、「譲渡会」が一般的になることで、救われる命は劇的に増えていきます。

そんな機会をひとつでも多く作り出すために、Do One Goodでは「譲渡会(Adoption PARK)」を開催しています。詳しくはDo One Good のホームページ(www.doonegood.jpをご覧ください。

あなたも出来る事から、はじめませんか。

もっと知ろう

物言えぬ犬や猫のために、私たちは声をあげます。
東京五輪が開催される2020年までに、
不幸な犬や猫を「ゼロ」にし、
まずは東京を世界にほこれる「動物福祉先進都市」とするために。

具体的な解決策は3つです。( 詳しく読む

  • ①  ペット産業適正化のために「8週齢規制」を早期実施
  • ②  捨てられた犬や猫の福祉向上のための「ティアハイム」の設立
  • ③ 「保護犬」「保護猫」との出会いを広める

皆さんも、私たちとともに、声をあげてください。
すべての犬や猫が、幸せになれる都市・東京の実現を目指して。

みんなで声をあげよう

94,599
が賛同しています

ネット署名はChange.orgを活用しています。ボタンをクリックすると当サイトを離れ、Change.orgに誘導します。

サポーター募集

あなたの助けが必要です
今すぐネット寄付
被災地熊本での活動支援