呼びかけ人 

熊谷喜八料理人、「KIHACHI」創業者

我が家には現在、猫が三匹います。

みんな名無しのノラでしたが、今ではレオン、ココ、ミルフィーユという名前のついた立派な我が家の家族の一員です。

もともとが猫大好きというわけでもなかったのですが、暮らしてみるとこれが、なかなかに楽しいのです。

小さな猫なりに、話しかけてきたり、返事をしたり、朝になると起こしにやってきたりするようになって、こんな小さな生き物だけど、次第に心が通いあってきて、いつの間にかかけがえのない存在になってしまいました。

一度家族に迎えたペットを、人の勝手な都合で捨てたり、ましてや殺処分するためにセンターに持ち込んだりするなどということは、信じがたいことです。どうしても飼えない余程の理由ができた場合でも、譲渡という選択肢があることを忘れないでほしいのです。

東京五輪が開催される年までには日本も、人とペットが共に生きることのできる、ドイツなみの成熟した社会になれば素晴らしいことだと願っています。

私たちの声が、大きな力強い世論となって、東京都が、そして日本が、動物福祉先進社会に変る日がくることを信じてやみません。

もっと知ろう

物言えぬ犬や猫のために、私たちは声をあげます。
東京五輪が開催される2020年までに、
不幸な犬や猫を「ゼロ」にし、
まずは東京を世界にほこれる「動物福祉先進都市」とするために。

具体的な解決策は3つです。( 詳しく読む

  • ①  ペット産業適正化のために「8週齢規制」を早期実施
  • ②  捨てられた犬や猫の福祉向上のための「ティアハイム」の設立
  • ③ 「保護犬」「保護猫」との出会いを広める

皆さんも、私たちとともに、声をあげてください。
すべての犬や猫が、幸せになれる都市・東京の実現を目指して。

みんなで声をあげよう

101,666
が賛同しています

ネット署名はChange.orgを活用しています。ボタンをクリックすると当サイトを離れ、Change.orgに誘導します。

サポーター募集

あなたの助けが必要です
今すぐネット寄付
被災地熊本での活動支援