呼びかけ人 

倍賞千恵子俳優、歌手

私の周りには、子どものころから犬や猫がいつもいました。一緒に遊び育ち、そして別れもたくさん経験しました。

昔のことですからそんなに面倒をみたわけではありません。でも家族のようだったという意識は自然に感じるようになりました。

仕事の都合でどうしても世話ができなくなった愛犬を姉に預けざるを得なかったことは、いまでも私の心の痛みです。その子は預けられても私のことは忘れていませんでした。

動物は飼い主のことをちゃんと見ています。私たちは最後まで、彼らといっしょに過ごすことが必要です。もしそれができないときは……。一生懸命考え、動物たちの命を守って行きたいと思います。命はみな同じです。

 

エンジン01文化戦略会議動物愛護委員

倍賞千恵子

もっと知ろう

物言えぬ犬や猫のために、私たちは声をあげます。
東京五輪が開催される2020年までに、
不幸な犬や猫を「ゼロ」にし、
まずは東京を世界にほこれる「動物福祉先進都市」とするために。

具体的な解決策は3つです。( 詳しく読む

  • ①  ペット産業適正化のために「8週齢規制」を早期実施
  • ②  捨てられた犬や猫の福祉向上のための「ティアハイム」の設立
  • ③ 「保護犬」「保護猫」との出会いを広める

皆さんも、私たちとともに、声をあげてください。
すべての犬や猫が、幸せになれる都市・東京の実現を目指して。

みんなで声をあげよう

94,815
が賛同しています

ネット署名はChange.orgを活用しています。ボタンをクリックすると当サイトを離れ、Change.orgに誘導します。

サポーター募集

あなたの助けが必要です
今すぐネット寄付
被災地熊本での活動支援