呼びかけ人 

与田剛プロ野球解説者

子どものころ、拾われてきた犬を飼っていました。いまは、息子の希望もあって、1年半ほど前からロッキーという名前のミニチュア・シュナウザーを飼っています。

ロッキーはおだやかな性格で、いつも僕に寄り添ってくれます。仕事を終え、家に帰ると、ロッキーが喜んで迎えてくれるのですが、むしろ僕が、ロッキーに再会できるのを喜びながら帰宅するような感じです。

犬は、言葉こそ交わせませんが、人間と意思疎通ができて、支え合って生きていける存在だと思っています。それなのに、いらなくなったら捨てる、虐待する、という人間がいます。そういった人間の身勝手な振る舞いがニュースになったりするたびに、何とも言えない、つらい気持ちになります。

縁あってパートナーとしてかかわりを持った命を、それぞれの人間が責任を持って守ることは、当然のことです。僕も、TOKYO ZEROキャンペーンを通じて、しっかりと声をあげていきたいと思います。

もっと知ろう

物言えぬ犬や猫のために、私たちは声をあげます。
東京五輪が開催される2020年までに、
不幸な犬や猫を「ゼロ」にし、
まずは東京を世界にほこれる「動物福祉先進都市」とするために。

具体的な解決策は3つです。( 詳しく読む

  • ①  ペット産業適正化のために「8週齢規制」を早期実施
  • ②  捨てられた犬や猫の福祉向上のための「ティアハイム」の設立
  • ③ 「保護犬」「保護猫」との出会いを広める

皆さんも、私たちとともに、声をあげてください。
すべての犬や猫が、幸せになれる都市・東京の実現を目指して。

みんなで声をあげよう

94,599
が賛同しています

ネット署名はChange.orgを活用しています。ボタンをクリックすると当サイトを離れ、Change.orgに誘導します。

サポーター募集

あなたの助けが必要です
今すぐネット寄付
被災地熊本での活動支援