呼びかけ人 

三枝成彰作曲家

私は以前、2匹の犬を飼っていました。この2匹が死んだ時はとても悲しかった。庭にお墓を建てたのですが、あまりに悲しくて、それから動物を飼うのをやめました。

私は子どものころから動物が好きでした。それはドリトル先生シリーズの影響が強かったのだと思います。当時は井伏鱒二先生が訳されたものを熱心に呼んでいました。このシリーズは映画化もされましたし、最近になって、福岡伸一先生が訳されたものも出版されましたね。

私がこれらの本を読んで学んだのは、なぜ動物が大切なのか、なぜ動物と共存しなければならないのか、ということです。そこから、自分の犬もかわいいし、他人の犬もかわいい、もちろん猫もかわいい、そして生き物すべてがかわいい、と思うようになりました。

犬や猫、そして身近な動物たちを大切にすることは、やさしい心を持つことにつながります。人が皆そうなれば、世界の平和につながっていきます。

 

エンジン01文化戦略会議動物愛護委員

三枝成彰

もっと知ろう

物言えぬ犬や猫のために、私たちは声をあげます。
東京五輪が開催される2020年までに、
不幸な犬や猫を「ゼロ」にし、
まずは東京を世界にほこれる「動物福祉先進都市」とするために。

具体的な解決策は3つです。( 詳しく読む

  • ①  ペット産業適正化のために「8週齢規制」を早期実施
  • ②  捨てられた犬や猫の福祉向上のための「ティアハイム」の設立
  • ③ 「保護犬」「保護猫」との出会いを広める

皆さんも、私たちとともに、声をあげてください。
すべての犬や猫が、幸せになれる都市・東京の実現を目指して。

みんなで声をあげよう

94,278
が賛同しています

ネット署名はChange.orgを活用しています。ボタンをクリックすると当サイトを離れ、Change.orgに誘導します。

サポーター募集

あなたの助けが必要です
今すぐネット寄付
被災地熊本での活動支援