呼びかけ人 

マロンフードスタイリスト

愛するペットが一生懸命生きてる姿……、時にたくましいと思います。

一緒に生きる喜び、多くのエネルギーを惜しみなく私たちに与えてくれる家族の一員。

一緒に暮らしていると、私たちに生きる上での大切なこと、忘れていることを優しく教えてくれる存在でもあります。

その動物も、人間と同様に、生活する環境が大切です。

以前、阪神大震災で飼い主とはぐれた猫を、小林カツ代さんから譲り受けたことがあります。

私にとっては運命的な出会いでした。命と一緒に生きることを、カツ代さんは教えてくれました。

いま思えば、あれは、彼女の熱いメッセージだったと思います! 心から感謝……。

そのひとつひとつの小さな命、命の尊さを私たち人間が守らなければならないと実感しています。

優しくたくましい小さな命を……。

いま、ワンちゃんが九州の実家で生活しています。母、そして近所の方に幸せを与えてくれています。

いまでは、私が家族の一員であるワンちゃんに会えることが、実家に帰る楽しみのひとつになりました。

昨今、いつの間にか、何でも当たり前になってきている世の中。それをおかしいと思わない現実。

その異常さに怖くなることがあります。

私も、メンバーの皆さんと一緒に応援団の一員として、パワー全開で取り組んでいきたいと思っています。

たくさんのエネルギーを惜しみなく与えてくれる小さな家族の一員のために……、そして途方にくれている多くの動物たちのために……。

皆さんも、是非!私たちとご一緒に賛同ください!!

もっと知ろう

物言えぬ犬や猫のために、私たちは声をあげます。
東京五輪が開催される2020年までに、
不幸な犬や猫を「ゼロ」にし、
まずは東京を世界にほこれる「動物福祉先進都市」とするために。

具体的な解決策は3つです。( 詳しく読む

  • ①  ペット産業適正化のために「8週齢規制」を早期実施
  • ②  捨てられた犬や猫の福祉向上のための「ティアハイム」の設立
  • ③ 「保護犬」「保護猫」との出会いを広める

皆さんも、私たちとともに、声をあげてください。
すべての犬や猫が、幸せになれる都市・東京の実現を目指して。

みんなで声をあげよう

101,666
が賛同しています

ネット署名はChange.orgを活用しています。ボタンをクリックすると当サイトを離れ、Change.orgに誘導します。

サポーター募集

あなたの助けが必要です
今すぐネット寄付
被災地熊本での活動支援