2014.12.26

一気に署名4万人超を達成しました!

不幸な犬猫をゼロにしようと「3つの解決策」を掲げて活動を続けているTOKYO ZEROキャンペーン。キャンペーンサイトで募ってきた署名が12月26日、4万人を突破しました! 3万人突破からわずか2週間あまりで次の大台を達成できましたのは、一緒に声をあげ、メッセージを広めてくださった皆さまのおかげです。呼びかけ人一同、心から感謝しています。

皆さまからいただきました署名につきましては2015年1月をめどに、舛添要一・東京都知事と望月義夫・環境大臣に届けるべく、現在調整を進めております!

さて、TOKYO ZEROキャンペーンは4月28日に発足しましたが、今年は秋以降、全国各地で、動物取扱業者によって繁殖に使われるなどしたと見られる犬たちの大量遺棄事件が相次ぎました。行政による猫の殺処分数は、相変わらず高い水準で推移しています。

こうした犬猫たちを巡る不幸な状況を改善していくために、TOKYO ZEROキャンペーンでは引き続き、①ペット産業適正化のためにまずは、幼すぎる子犬を生まれた環境から引き離すことを禁止する「8週齢規制」の早期実現を訴えかけ、②捨てられた犬猫たちの福祉向上のために、行政が運営する「動物愛護センター」を、犬猫を保護し譲渡するための施設「ティアハイム」のような存在に転換するよう促していき、③「保護犬」「保護猫」をパートナー、家族として迎えることのすばらしさを世の中に広めていきます。

世界にほこれる「動物福祉先進都市」の実現を目指して――。

一人でも多くの皆さまの声が、その大きな力になります。来年以降も変わらぬご支援をいただき、キャンペーンについての情報を広めていただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします!


みんなで声をあげよう

104,713
が賛同しています

ネット署名はChange.orgを活用しています。ボタンをクリックすると当サイトを離れ、Change.orgに誘導します。

サポーター募集

あなたの助けが必要です
今すぐネット寄付